プレーヤー

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年2018

  皆さん,2018年,新年明けましておめでとうございます.
  どうぞ本年も,よろしくお願い申し上げます.

 

毎日,寒い日が続きますが,皆さん,お元気でお過ごしのことと拝察いたします.

 

気付けば,近年,宇都宮にはJazz Playerが増えました.
日々,色々なメンバーの組み合わせで,Jazz Standardを中心に演奏されていますが,一人一人は,様々な来歴や個性を持っています.いわゆるジャズ研で演奏を覚えた人,音楽大学でジャズ演奏の勉強をした人,音楽大学でクラシックやポピュラーをやって現場で徐々にジャズを身につけた人,ビッグバンドから徐々にコンボ演奏を覚えた人,ヤマハなどの教室で覚えた人,ロック,フュージョンなどからジャズに転向した人等.

 

  また,演奏の立場や目的も様々です.ジャズミュージシャンを目指す人,音楽で生活することを第一の目的にする人,生活を別の仕事で支える人,演奏は趣味と位置づける人.
そんな中で,ジャズという音楽に抱くイメージにもかなりの違いがあるようです.演奏をはじめた頃,どんなジャズを,どんな音楽を聴いていたのか,ジャズを聞き始めた頃の環境の違いや,きっかけ,演奏の目的によっても違ってきます.

 

  ジャズに対する気持ちの強さの程度の違いもあります.ジャズに対して,またはジャズの中に何を求めているか,個人にとって何がジャズなのかといった感じ方や価値観も大きく違います.たとえば,ジャズが醸し出す無国籍な雰囲気,楽しいのがジャズ,悲しいのがジャズ,ノリノリなのがジャズ,アンサンブルが格好いいのがジャズ,個人のインプロヴィゼーションがクールなのがジャズなど.さらに,ジャズにとって大切なのは,アンサンブルなのか,個々のインプロヴィゼーション,さらに,テクニック,プレーヤーの生き方?

 

  もう一つ大切な個人毎に違っている要素として,演奏技術水準も重要ですね.

更に,演奏を受け取る側の問題があります.オーディエンスが求めるものやジャズへの理解の程度,また,その晩の目的.そして,演奏を提供するお店のオーナーの目的,好み,ジャズへの理解,演奏の目的が,またそれぞれに違いますね.Me20171001s_3

  そんな中で,最大公約数で演奏し,多くの場合,仕上がりは,彩度の低い,灰色っぽい音になることでしょう.もっとも,個人の能力的問題でプレーヤーの個性100%で表現することは困難ですし,そうすることがおもしろいとも言えません.

 

  ジャズは個人の表現であり,同時に複数の個性が共存するところが,またおもしろいのです.

徐々に,何を書いているのか分からなくなりましたが,本年もどうぞ,よろしく,お願い申し上げます.(戌年)

 

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

訃報 関晴民氏が亡くなりました

訃報です.関晴民氏が亡くなりました.

学生時代のバンドのピアニスト関晴民(せき はれたみ)氏が,先日,亡くなりました.

奇しくも,その6日後の27日に,久しぶりに学生時代のメンバーの山崎拓司と演奏の機会がありました.
以前から予定していた演奏ですが,二人には,関晴民追悼ライブとなりました.

当時,関晴民氏は自治医科大学の学生でした.留年できるだけ在学した後,医師免許を取得し,卒業後は故郷の青森に戻り,地域診療勤務後,開業医となりました.

彼が好きだったDuke Jordanの曲,彼も良く演奏していたNo ProblemとJor-Duを演奏しました.

本ブログのシリーズ記事”昔話第6話”でした.

合掌

Seki24_2
宇都宮泉町のGroovyで演奏する関 晴民氏(1980頃)

Yamazakikindaijin_2
2016/3/27@近代人

関連記事はこちら,,,

トランペッター 山崎拓司
Artistic Jazz Workshop 昔話#4
Artistic Jazz Workshop 昔話#3
Artistic Jazz Workshop 昔話#2
Artistic Jazz Workshop 昔話#1

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

トランペッター 山崎拓司

 今,季節は夏の盛りで,子供らの夏休みが始まり,僕が習った小学校の教科書では梅雨が明ける頃です.

 今朝は朝から雨がぱらつき,気温は高く,非常に湿度が高くなっています.
 だらだらと過ごすうちに11時40分の南中の時刻になってしまいました.この時刻になると日が照り風が吹いて,少し湿度が下がったようです.

 私は,自分の演奏をしばしば録音しますが,この前の録音を聴くと,1曲目と2曲目の間に,実に6分間も喋っています.三十数年前の昔話です.

 先日のライブは,学生時代の後輩,山崎拓司(tp)と一緒でした.いつもはなかなか喋ることも思い付かないのですが,昨夜は違っていました.

 彼とやるのは35年ぶりです.彼は,学生時代の2年後輩で,当時から私よりもうまい演奏をしていました.在学中に,奨学金を得てバークリーに留学しました.バークリー音楽院卒業後もしばらくボストンとニューヨークに滞在し,おそらく10年ほど前に帰国しました.
最近はアレンジなどを中心に音楽の仕事で生計を建てているようです.
私はその間,ボストンで一度,宇都宮で2度,会う機会はありましたが,演奏するのは実に学生時代以来です.

 さて,彼の音の印象は,フレーズ,音質,ソロの組み立て共に全体にやや荒い感じですが,これはおそらく最近,コンボ演奏の機会が少ないからではないかと想像しています.
 しかし,それは,同時にニューヨーク直輸入の香りでもあります.201307205959ed

 帰国後,こちらのプレーヤーの影響を全く受けていないのでしょう.ジャズは世界音楽で,それぞれの人種がそれぞれの個人が自分の音楽をやれば良いものです.日本には日本の,東京には東京のジャズがありますが,狭い世界でお互いに影響し合いながら揉まれていくと,外の世界が見えにくくなることもあるでしょう.
 日本では携帯も独自の進化を遂げている様ですし.

 学生時代の友達はいいもんですね.

@サウンドカフェ・なかじ

TAK山崎のアルバム Reminiscence of you はこちらから.

ふと気づけば,このユニットは,Artistic Jazz Workshop, 宇都宮大学ジャズ研に山崎が戻ってきたということかな.

関連記事はこちら,,,

Artistic Jazz Workshop 昔話#4
Artistic Jazz Workshop 昔話#3
Artistic Jazz Workshop 昔話#2
Artistic Jazz Workshop 昔話#1

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

ルー・タバキン氏の演奏

Photo_sax_colorMr.ルータバキンの演奏を聴く機会がありました.

色々な驚きがありましたが,なんと言っても,演奏中のアクションが印象的です.少し腰を落として足摺しながら演奏します.

腰を落としたくなる気持ちは良く分かります.私もそうなるんです.そうするとなぜかフレーズのタイムが良くはまります.やや苦しい態勢で,自身がやや抑制される様な気がします.まあ,これは私だけかもしれませんが.

ルーの場合は更に足ずりしますので,ソロの間,あっちに行ったりこっちに行ったりすることになります.マウスピースをくわえる角度はかなり浅く,常にあごを突き出した格好になります.また,想像よりずいぶん小柄なのに驚き,また勇気づけられます.

演奏は,テナーの表現力を最大限に生かそうとする様に,堅い音から軟らかい音まで,色々な音を用います.また,いずれの曲でもすぐにテーマに入ることはなく,まずイントロで,あれこれといろんな事をやります.この辺りは,ライブの常套手段かもしれませんが.

彼はテナーの他にフルートを吹きますが,これが素晴らしいものでした.篠笛を思わせる演奏が随所に聴かれ,日本の音楽の影響をかなり受けているのでしょう.フルートでも,豊かな太い音や息の音を強調したかすれた音,荒々しい音,優しい音など,楽器の表現力を広範囲に生かした演奏です.フルートのアンブシュア?はかなり変則的で,マウスピースを唇に対し斜めに当てて,機械的に息を吹き込んでいる様に見えました.

メンバーはルー・タバキン(テナーサックス,フルート)の他,ボリス・コズロフ(ベース)とマーク・テイラー(ドラム)です.ベースのボリス・コズロフのテクニックは素晴らしく,経歴は承知していませんが,たとえばヨーロッパでクラシックをしっかりとやった方と見受けます.アルコの音が実にナチュラルで美しく,アルコで弦を叩くなど各種テクニックを使いながら演奏します.ジャズに必要なランニングのグルーブ感もあり,ポテンシャルの高さを感じました.

ピアノレストリオで,彼らの力があればこれで十分とも聞こえますが,なぜピアノレスなのかとの疑問も解決の必要があります.確かにピアノはその場を作る力は圧倒的で,それ故,両刃の剣となります.

つまり,比較的簡単にサウンド全体を優雅なものにすることもできますが,同時に不必要な複数の音の羅列にもなります.ピアニストの演奏スタイルには,リーダーの管楽器奏者の好みも大きく反映されますが,実にこの辺りのセンスが求められ,一緒にやりたいかやりたくないかが仕分けされます.管楽器奏者が欲さないところに入る音は文字通り不要で,それが多すぎると管楽器奏者のインプロヴィゼーション発想の障害となり,またユニット全体のサウンドがイメージするものと大きく異なるものになってしまいます.またその逆も真で,的確なアイディアに富むバッキングは,管楽器奏者のインプロヴィゼーションを大きく膨らませてくれます.

有名なところでは,ソニーロリンズが一時期ピアノレストリオでした.また私のアイドルの1人,ポールデスモンドは,ピアノの代わりにギターを加えたカルテットでの演奏が多く,ギターがピアノに比べ必要以上に存在感を大きくならないところを好んだのでしょうか.

ルーの場合,少し穿った見方をすれば,秋吉敏子の手前,他のピアニストを雇いにくい.秋吉敏子も一緒だとギャラが高くなってしまう.また,スケジュールの都合上,つまりこの後どこかで秋吉敏子と合流する予定があるので,前半はピアノレストリオになっている,等の理由も考えられるでしょうか.

今回の会場は,地元ミュージシャンの先輩,土谷長男asさんが最近お作りになった“ビュースタジオ石の蔵“で60人程度のお客様と一緒に聴きました.最前列のルーの前で聴くことができました.純粋に3時間楽しめた他,ルーの演奏を聴いて,自身の演奏にも考える点があり,良いライブでした.Ishinokura201009044539

上の写真は,ルー・タバキン氏のHP,プレスキットから拝借致しました.

下の写真は,石の蔵ビュースタジオ入り口です.

内部の床に解体した蔵の大谷石が敷き詰められ,音は落ち着いた響きです.各種ライブ,毎週日曜日にジャムセッションが催されています.

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

バイソン片山ツアー / Little Sunflower

八月上旬に,バイソン片山さんのグループのツアーに3日間参加させていただきました.

ツアーの後半は,那須塩原,宇都宮,仙台,奥州,盛岡の5か所で,私はこのうち最初の3箇所に参加させていただきました.メンバーはバイソン・片山ds,ジェームス・マホーンts,リン・ヘイテツpf,村田博志b,+カメサダasです.

2管編成なので,当然テーマはハーモニーでやることになりますが,いかんせん,楽譜の苦手な私に,この様な企画は難しいのです.譜面を事前に送っていただける様お願いし,本番当日まで毎日ポストを眺めていましたが,一向に到着いたしません.私がどれほど楽譜を読めないか分からないバイソンさんは,「まあ大丈夫ですよ,簡単ですから,当日見てもらえば.」と言いますが,私の中では不安とあきらめの気持ちが育っていきます.

結局,楽譜は届かず,初日の集合時刻15時に遅れぬよう,那須塩原市のTimes Cafeに向かいました.

まず,Whisper Notはいつもの曲で安心と思いきや,セカンドリフをやったことのないことに気づき,慌ててリアルブックを引っ張り出しましたが,意外と難しく,良くできません.まあ,テナーのジェームスがいますので,彼の音に隠れるように吹いてみます.

続いてBitter Sweet,これは,ブリッジの8小節だけ,ピアニストのリン君がハーモニーを書いてくれて,一緒に吹きます.さらりとできるかと思われましたが最後の2小節がなかなか難しく,Bisonさんに指摘されながらも結局3日目まできちんとできませんでした.

続いてLittle Sunflower,SunFlowerというタイトルの映画があり,このテーマ曲もジャズメンが良く取り上げますが,今回の曲はフレディー・ハバードによる8ビートの現代的な曲で,なかなか良い感じです.この曲は何とかできたような気がします.

続いてコルトレーンのNaimaをボッサで.何度もやったことのある曲ですが,そもそも難度の高い曲で,ソロをいったいどうしたら良いやら.

次は,Bisonさんの手持ち楽譜にちらっと見かけたJeannineをやりましょうと誘導し,これはいつもやっている曲なので,とりあえずOK.他には,John’s BluesとI’ve grown accustomed for her faceでこのテーマはジェームスだけでやり,とりあえず私はテーマの間,ぼんやりしていることになりました.

お客さんが少なく残念でしたが,とりあえず初日が過ぎ,2日目の近代人.こちらも15時集合で,10分前に到着しましたが,既に皆さん到着してリハーサルが始まらんとしていました.

二日目も初日と同じ曲をやるかと思えば,突然,渡された楽譜はBisonさんのオリジナルでTo The Sea.ピアノ用の楽譜なので,私は少し時間をもらい上野楽器に走り五線紙を購入しアルト用に移調しました.やってみるとのんびりした感じのボサノバの曲でメロディーも比較的容易で,私にも何とかしのげました.

ふっと,ジェームスさんが1フレーズを吹いた曲がBisonさんの耳にとまり,Dat Deaをやりましょうと言うことに.私は,当然,聞き覚えはありますが,やったことがありません.楽譜が無いというと,ピアノのリンくんが,これですと言って楽譜を手渡してくれました.この種のバップ系の曲は,少なくとも私にはピアノ用の楽譜を見てすぐさま吹くのは困難で,後で自分の楽譜を見てやりますといってその場を凌ぎました.この日はすぐにリハーサルが終わり休憩時間に.皆んなは隣のホテル丸治に戻りましたが,私は居残りで練習です.Dat Deaをリアルブックで探しましたが見つからず,結局自力でピアノ譜から移調し,その後練習しましたが,私は,いつでも,新しい曲ができるようになるには,数日を要するのです.案の定,本番では良くできず,軽快なジェームスのテーマのノイズとなりました.

三日目は仙台カーボです.この日も15時集合なので,13時宇都宮発の新幹線に乗ります.昼前は時間がありますので,自宅で少し練習すると共に,少し欲張って,二日間全く吹いていなかったBitter SweetのAパートやJohn’s Bluesのテーマを採譜しました.

仙台の街は,非常に暑く,ドーンと大都会です.この日はちょうど七夕祭りの初日とも重なり,それはそれは賑やかです.宇都宮が真似をした駅前のペデストリアンデッキを回り,地図を頼りにカーボに向かって歩きます.広瀬通から大通りに出て第一生命ビルの手前を西に入り,七夕飾りが飾られた歩行者天国の通りを歩き,確かカーボはこのあたりだとあたりを見渡しますが見つかりません.たぶん,細い路地を入ったところに違いないと思いそれらしい路地に入ってみますが見つかりません.七夕飾りの通りに戻って,ティッシュを配っているお姉さんに訪ねると,「たぶんここかな?」と言って,一本手前の薬屋さんの中の路地を案内してくれました.なるほど,角の両側が薬屋なのであたかも薬屋に入っていく感じですが,そこには路地があったのです.魚のにおいのする路地を10mほど進んだ左側にカーボの看板を見つけました.ここは東一市場の中.そうです.カーボは市場の中だったのです.Kabo201008064493

お店に入ると,今日も既に皆さんおそろいで,くつろいでいます.この日はいきなり休憩で,私はあたりを一回りしてからホテルに戻り小さい音で練習です.

19:30に本番が始まりましたが,Bisonさんは日ごと気合いが入り,この三日間ではこの日が最高でした.Bisonさんの気合いはメンバーにも伝わり,皆んなスピード感のある良い演奏をしています.なぜか,この日,Bisonnさんは全くしゃべらず,次々と曲が進み,途中,予定された曲順が変わった上,2回目に予定された曲までやっています.この日はBisonさんの誕生日でしたので,本番前にメンバー間で最初のしゃべりのところでHappy Birthdayの演奏をしようと打ち合わせていましたが,その機会もありません.リンくんが,「Bisonさん何かしゃべってください」と促し,あ,「そうだねと」言ってしゃべり始めたところで,ようやく演奏することができました.

3日間の自分の演奏内容は,と言えば,譜面読みに精一杯,バイソンさんやジェームスさんにあおられて,力が入り,ただ,がなり立てているだけと言った内容になり,何とか,自分らしいソロができたのは3日目の最後,I’ve grown accustomed for her faceでした.

いろいろな場面で,自分の演奏能力の非力を感じた3日間でした.メンバーの皆様,ジャズクラブの皆様,お客様の皆様,ありがとうございました.

Bison5party

カーボでの演奏後,食事をいただきながらの一こま.村田さんbは,お疲れの様子です.

「06LittleSunflowerEE.mp3」をダウンロード

Little Sunflower @Kindaijin in 2010/8/5

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

最近会ったプレーヤ

携帯で撮った写真はPCで保管しています.一般的だと思いますが.私なりに分類して年次の数字を付けたフォルダーに入れています.作ったばかりだと思っていた2009のファルダーの使用はもう少しになってしまいました.

ここ数日,日本列島に寒波が来て,今朝はとても寒くなっています.車の温度計は-5℃でした.昨日から池に氷が張り,以前の冬はいつでもこんなだったと思い出したところです.

最近,自分のライブや,他の人のライブ,ジャムセッションなどに出かけ,珍しい人,初めての人に何人かお目にかかりました.2009nenmatsu01

紹介します.

まずObbligatoのジャムで会ったドラマーの小久保さん.しばらく村上ぽんたさんと一緒におられたそうです.ご自分でドラム教室などをやっています.端正な演奏で,ストレートなジャズだけではなく周辺のいろいろなジャンルに興味があるようです.写真ピアノは野中さん,パーカッションは浅井さん,ベースは田沢さんです.

アルトサックスの坂巻さん.初めてお目にかかりました.ビッグバンド中心のようですが,パワーのある演奏です.楽器はセルマーMark7.ちょっと珍しいですね.写真のドラムは稲葉さん.

やはりObbligatoで久しぶりにお目にかかった福田さん.福田さんは前にも一度紹介しましたが,おおよそ30年前の知り合いで,昨年30年ぶりに再会しました.お仕事は郡山で自宅は今市.これからはコンボの演奏に力を入れてゆく決意です.楽器はConn 6M.ちょっと試させて頂きました.凄くいい音でした.マウスピースはブリルハート?写真のドラムは吉田さん.とてもジャズっぽいレガートとボサノバっぽいリムショット.

皆さんよろしくお願いします.

そろそろ,年賀状も準備しないとなあ.

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

バイソン片山さん / Take Five

11月22日の近代人に,バイソン片山さんが来てくれました.Bisondsc09811

お客さんにもたくさんおいでいただき,当日は,まずまず盛り上がりました.

翌23日の月曜日は勤労感謝の日のためでしょうか,バイソンさんのおかげでしょうか.

なぜか,ほとんどのお客さんが県外からのお客さんで,近代人は観光スポットになりつつあるようです.

Kindaijin200911224114 

「06TakeFiveE.mp3」をダウンロード

Take Five @近代人 in 2009/11/22

またまたTake Fiveです.お客さんのリクエストです.やっぱり皆んな好きなんだなあ.

私も,最近はすきですが.

バイソンさんの最新のアルバムにも収録されています.5拍子にもかかわらずバイソンさんは強力にドライブしています.

この曲は,単純なリズムとコードの反復で,トランス状態に入れれば,最高なのです.

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

近代人のスペシャルゲスト/バイソン片山さん

11月22日(日),近代人に,バイソン片山さんが登場します.Bison01

皆さん,聴きに来てください.

近代人第4週のドラマーは森内氏が抜けた後,未だ決まっていません.

毎月,どなたかにお願いしながら何とかつないでいます.

次回,11月22日(日)は,バイソン片山さんにお願いしました.

私は,バイソンさんのドラムセット全体から出てくる柔らかいサウンドがとても好きで,かねてからご一緒させて頂きたいものだと思っていました.

固定したドラマーがいない今,お願いのチャンスです.

写真はご本人のHPから拝借させて頂きました.

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

Vocalist Mr. Paris Lundon

Mr. Paris Lundonは本来,ゴスペルシンガーらしいのですが,先日,イベントでご一緒させて頂きました.

Paris Lundonとはちょっとふざけたステージネームですね.

Parisはアメリカ人で,アメリカンポップスが得意の様です.埼玉県在住で,当日はご家族でドライブを兼ねてやってきました.

私にも比較的,なじみのあるところでは,When a man loves a woman, Smile, What a wonderfl world, Is'nt she lovely,,あまりなじみのないところでは,Stand by me, Bridge over troubled water等,その他Jazzのスタンダードを歌いました.

Paris01 基本的に,とても歌のうまい方ですが,Jazzはこれまであまり経験が無いらしく,Jazzスタンダードは,今ひとつうまく処理し切れていない感じでした.Jazzはアメリカでもマイナーな音楽のようです.

しかし,聴衆に語りかけながら,一体的になって盛り上げようとする力はかなりのものでした.そのあたりは私に一番欠ける部分です.それぞれ,得意不得意もありますから,どうしたものでしょうかねえ.

イベントがJazz Liveというタイトルでしたので,彼の能力が十分には発揮されなかったかもしれませんが,生きるためにはまあ仕方がないですね.

Nasuoutlet200908163873夏も終わりに近い日曜日のの午後,空には,一切れの雲もありませんでした.ここは標高が,,500から700m程度かな,,そう高くもありませんが,,

少し,牧場の匂いを載せた秋の風が吹いていました.

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

ベーシスト河原秀夫さん

河原秀夫さんのライブは盛りだくさんのプログラムです.ジャズ,フュージョン,ポップス,ダンスと言ったぐあいです.サイドメンの岡淳さん(ts)と堀秀彰さん(pf)は,どんなタイプの曲でも,すばらしい出来映えに処理する,すばらしいサイドメンでした.お二人のHPを拝見いたしましたが,いずれも,実に多忙の演奏活動をされています.岡淳さんはバークリー出身だそうですが,東京の香りを感じるソロスタイルです.学生時代に身につけた香りが抜けないのでしょうか,あるいは東京で演奏する中で,お互いに影響しあっているのでしょうか.Kawahara200908223891

おそらく,ベーシストがリーダーとして振る舞うには,演奏の質の他に,ライブでのエンターテイメント性もかなり重要でしょうね.まあ,これはベーシストに限らないかもしれませんが.

お客さんの耳になじみのある有名なポップスも演奏曲として取り上げて,途中16ビートの曲ではダンサーを踊らせ,更にインタールード的に,CDをかけて自分でも踊ってしまうサービスぶりです.

楽しいライブの実現は大変ですねえ.演奏内容の深みだけで勝負するのは難しいと言うことなんでしょうか.受け取る側,お客さんの能力の問題もあります.演奏する側の能力の問題もあります.両方が十分に備わってないと,演奏の深みだけで,ライブのお客さんを十分に楽しませることは出来ないのでしょうね.

有名ジャズクラブでリーダーとして活躍されている方々は,皆さん,表情が良いですねえ.お茶の水の某有名ジャズクラブで,楽しませて頂きました.

Naru200908223890お店のスタッフの制止を振り切って写真を1枚撮らせて頂きました.

ありがとうございました.

| | コメント (0)