ニュース

2018年11月23日 (金)

Jazz Spot 近代人

私も,一応,ブログに書いておきたいと思います.
宇都宮のJazzの老舗,”近代人"のマスター,平山正喜(ひらやま まさよし)氏が9月12日に他界されました.


とちぎテレビでは,年末放映予定で,近代人マスター追悼番組製作中のようです.

私はJazzを始めたばかりの二十歳のころから訪れていました.
そのころの泉町は宇都宮で一番の歓楽街で,左右に飲食店が連なる泉町通りは往来する人が多く真直には歩けない状態でした.
その一角にある近代人は真っ赤な絨毯敷きにシャンデリアと学生の私にはとても煌びやかでドアを開けるのが怖い様なお店でした.高級クラブを居抜きでJazz Club にしたお店です.
絨毯,シャンデリア,ソファー,テーブル,カウンター,ボトル棚など,今もそのままですが,移転後45年の時が風合いを醸し出しています.
今,初めて訪れる人には,"昭和レトロ"でしょうか.

さて,私は,これまで,このブログの"昔話"にも何度か書きましたように,やはり泉町にあった"Groovy"というライブもやっているジャズ喫茶をベースキャンプとしていましたが,時には,近代人にも足を踏み入れ,諸先輩のライブの後にジャムで何曲かやらせていただく日々でした.

おそらく,25-30年くらい前に,近代人の第4日曜日のレギュラーにしていただき,それ以後,トイレが壊れた日とマニラに長期出張した月の2回を除き欠かさず務めてきました.
大学のジャズ研の流れのメンバーによるカルテットで始め,一時期は変化を求め,シンガーが,何人か加わり,続いて,トランペットを入れたクインテット,更にギターを入れたセクステットになりました.今は,元に戻って,カルテットでやっています.
私以外のメンバーは皆変わってしまいました.
近代人の歴史などについては,新聞やネット上の情報をご覧いただきたい.
マスターに対する印象です.店の経営者として真剣,バーのマスターとして頑固,また,ジャズクラブのマスターとしてミュージシャンを大切にします.
演奏に対しては寛容でもあり厳しくもあり.各論的なことは論じませんが,全体の印象や気迫に対し厳しくとらえます.

近代人の客の大部分は,演奏を聴きに来ます.また,マスターも常に厳しい視線をこちらに向けます.さらに,絨毯敷きの店は響きが非常にデッドで,管楽器奏者には厳しい環境です.
30年経った今でも,近代人の演奏には力が入ります.
幸運な事に,小平氏が近代人の経営を引き継いでくださいました.
もうしばらく,宇都宮"近代人"の夜は続くことでしょう.

Kindaijin201310116175

最近,外出先では,バーボン・ソーダをいただきます.
表面張力の限界を超えてこぼれています.
また,おかわりの度にバーボンが濃くなり,3杯目はほとんどバーボンロックです.
2013年の写真ですが,予定表は,未だ日曜日のみですね.
予定表の後ろに,貞夫さんと一緒に写ってる写真が貼ってあると思うのですが,,,
ここに行けば,いつでも,平山マスターに会える気がします.

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年2018

  皆さん,2018年,新年明けましておめでとうございます.
  どうぞ本年も,よろしくお願い申し上げます.

 

毎日,寒い日が続きますが,皆さん,お元気でお過ごしのことと拝察いたします.

 

気付けば,近年,宇都宮にはJazz Playerが増えました.
日々,色々なメンバーの組み合わせで,Jazz Standardを中心に演奏されていますが,一人一人は,様々な来歴や個性を持っています.いわゆるジャズ研で演奏を覚えた人,音楽大学でジャズ演奏の勉強をした人,音楽大学でクラシックやポピュラーをやって現場で徐々にジャズを身につけた人,ビッグバンドから徐々にコンボ演奏を覚えた人,ヤマハなどの教室で覚えた人,ロック,フュージョンなどからジャズに転向した人等.

 

  また,演奏の立場や目的も様々です.ジャズミュージシャンを目指す人,音楽で生活することを第一の目的にする人,生活を別の仕事で支える人,演奏は趣味と位置づける人.
そんな中で,ジャズという音楽に抱くイメージにもかなりの違いがあるようです.演奏をはじめた頃,どんなジャズを,どんな音楽を聴いていたのか,ジャズを聞き始めた頃の環境の違いや,きっかけ,演奏の目的によっても違ってきます.

 

  ジャズに対する気持ちの強さの程度の違いもあります.ジャズに対して,またはジャズの中に何を求めているか,個人にとって何がジャズなのかといった感じ方や価値観も大きく違います.たとえば,ジャズが醸し出す無国籍な雰囲気,楽しいのがジャズ,悲しいのがジャズ,ノリノリなのがジャズ,アンサンブルが格好いいのがジャズ,個人のインプロヴィゼーションがクールなのがジャズなど.さらに,ジャズにとって大切なのは,アンサンブルなのか,個々のインプロヴィゼーション,さらに,テクニック,プレーヤーの生き方?

 

  もう一つ大切な個人毎に違っている要素として,演奏技術水準も重要ですね.

更に,演奏を受け取る側の問題があります.オーディエンスが求めるものやジャズへの理解の程度,また,その晩の目的.そして,演奏を提供するお店のオーナーの目的,好み,ジャズへの理解,演奏の目的が,またそれぞれに違いますね.Me20171001s_3

  そんな中で,最大公約数で演奏し,多くの場合,仕上がりは,彩度の低い,灰色っぽい音になることでしょう.もっとも,個人の能力的問題でプレーヤーの個性100%で表現することは困難ですし,そうすることがおもしろいとも言えません.

 

  ジャズは個人の表現であり,同時に複数の個性が共存するところが,またおもしろいのです.

徐々に,何を書いているのか分からなくなりましたが,本年もどうぞ,よろしく,お願い申し上げます.(戌年)

 

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

訃報 関晴民氏が亡くなりました

訃報です.関晴民氏が亡くなりました.

学生時代のバンドのピアニスト関晴民(せき はれたみ)氏が,先日,亡くなりました.

奇しくも,その6日後の27日に,久しぶりに学生時代のメンバーの山崎拓司と演奏の機会がありました.
以前から予定していた演奏ですが,二人には,関晴民追悼ライブとなりました.

当時,関晴民氏は自治医科大学の学生でした.留年できるだけ在学した後,医師免許を取得し,卒業後は故郷の青森に戻り,地域診療勤務後,開業医となりました.

彼が好きだったDuke Jordanの曲,彼も良く演奏していたNo ProblemとJor-Duを演奏しました.

本ブログのシリーズ記事”昔話第6話”でした.

合掌

Seki24_2
宇都宮泉町のGroovyで演奏する関 晴民氏(1980頃)

Yamazakikindaijin_2
2016/3/27@近代人

関連記事はこちら,,,

トランペッター 山崎拓司
Artistic Jazz Workshop 昔話#4
Artistic Jazz Workshop 昔話#3
Artistic Jazz Workshop 昔話#2
Artistic Jazz Workshop 昔話#1

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

バリトンサックス

 先般,バリトンサックスを購入しました.

 アルトと同じマーティンのバリトン"The Martin Baritone"です.

 シリアルナンバーも所有のアルトに近くやはり1950年頃の製造です.

 音域はLow Bbまでで,最近のLow Aまででるモデルに比べると管長が短いものです.重さがどうなのかは分かりません.おなじみジェリー・マリガンはCONNの楽器でやはりLow Bbのモデルでした.

P1020170


 やはり,キーの配置は人間工学的ではなく,特に手の小さい私には,左右とも小指がなかなか届きません.

 楽器は頑丈な重たいケースに入っておりましたが,とても持ち運べないので,ギグバッグも購入しました.

 デンバーにあるAltieriという楽器バッグのメーカーのものです.

 Low BbのThe Martin Baritonにぴったりの形です.

 床に置いてある姿は,ワニ?か犬のミイラ?の様な感じです.

 とても軽くて,すいすい持ち運べそうです.

P1020169


 バリトンは,遅いフレーズも比較的容易に,さまになり,日本一遅いアルトの私にはなかなか良い楽器です.

 低音のサブトーンが難しいですね.マウスピースとリードの組み合わせも重要ですね.

 楽しみ(と苦しみ)が一つ増えました.

ギグバッグには,こんな模様を付けてもらいました.ダイヤモンドというデザインなのですが,一見,唐草模様の様な,,,?

P1020173

| | コメント (0)

2014年7月19日 (土)

New Album "The Summer Knows" 発売

多数のご予約をいただき,ありがとうございます.

アルバム「ザ サマー ノーズ」がいよいよ発売です.

 アルバムタイトルThe Summer knowsは,私が若い頃,それはおおよそ35年くらい前の事ですが,その頃から好きだった曲です.いつも,演奏イメージを巡らしてきました.さて,さて,録音の出来映えやいかん.
アルバム全体的としては,素晴らしいリズムセクションを得て,なかなかの質の演奏となりました.
素晴らしい(リズムセクションの)演奏,素晴らしい録音とミックス,そして素晴らしいマスタリング,音質もなかなかです.ジャズファンに加えて,オーディオファンの方にも,聴いていただきたい内容です.

 ドラムスのバイソンさんとは3作目になります.ドラムセット全体から立ち上る現代的で洗練されたリズム,スピード感溢れるブラシワークは健在です.ベースBrentはソロが得意で,弓によるソロはなかなかの聴きものです.ピアノGregは貞夫さんのサイドも務める実力者.暖かみのある美しい音色,しっとりと落ち着いたフレーズ,独特の響きを持つ和音.アルバムの魅力を何倍かに引き上げてくれます.

 ジャケットデザインには,例によって演奏以上に?時間と力を注ぎました.これまで,もっぱらニース在住のNeal Turner氏の絵を使わせていただきましたが,今回は,イギリス在住の才能溢れる若きアーティストMirch Ivens氏の作品を使わせていただきました.なぜか,絵のタイトルは,”Jazz 2”

GregprfGreg McKenzie (Piano);ジャズ・ヴォーカリストRosemary Clooneyから”Gregのピアノは,極めて知的で洗練され,しかも動的で,あたかも部屋の窓から摩天楼のスカイラインを眺めているかのごとく,彼の演奏を聴くことは,極めてニューヨーク的で,至高の体験である”と評されている.1962年4月、ニュージャージー州トレントン生まれ.10歳からオルガンのレッスンを受ける.ヴァージニア州,ウインチェスターのシェナンドー音楽学校を卒業後,ワシントンDCに移り住み、ビリー・テイラーに師事.その後,ハリウッドの編曲家のもとで映像音楽制作と作曲を学び,女優で歌手のニシェル・ニコルズとともにテレビ番組向け音楽を制作.ほどなく,ニューヨークのジャズシーンで活動を開始.1994年,出版社Finger Nail Moonを設立.2003年に新たにオープンしたホテル東京グランドハイアットの音楽監督として来日し,サックス奏者の渡辺貞夫氏に出会い,スタジオレコーディング,ライブツアー,NHKテレビやラジオでの共演などの活動へと発展している.主なリリースCDは,”Shades of blue” (2013, Finger Nail Moon, Inc), “Happy Endings” (1996, Finger Nail Moon Records), “Mood Indigo trio” (All Blues Productions - Garcon Music).

.

BrentprfBrent Nussey (Bass)は,カナダ生まれ.ボストン、バークリー音楽大学を卒業.ウィット・ブラウンやレイ・ブラウンに師事.その後、ニューヨークで音楽活動を継続し,ジェームス・ウィリアムス, ダイアナ・クラール, ジャヴォン・ジャクソン, エデイ・ヘンダーソン等の多数の著名なミュージシャンと共演している.1997に来日し,以降はAKIKO, 小林陽一, 有田純弘, 吉岡秀晃, 中村誠一等,我が国の著名な数々のジャズミュージシャンと共演.また,工藤重典, 雨谷麻世、 斎藤雅広等のクラシック奏者や加藤和彦、 坂崎幸之助、 松田”ari”幸一等の人気ミュージシャンとも共演している.更に,ルー・タバキン、 ベニー・パウエル、 ソフィー・ミルマン、 ニコル・ヘンリー等の来日ミュージシャンとも共演する等,精力的な活動を展開している。

.

.

.

BisonprfBison 片山(drums)は,国内で最も著名なドラマーの一人.1951年気仙沼市生まれ.1974年に故日野元彦氏に師事し同時にプロ活動を始めている.これまでに,Walter Bishop Jr., Hank Jones, Cedar Walton, Marlena Shaw等,数々の有名ミュージシャンとの競演,多数の海外のフェスティバルやツアーへの参加経歴を持つ.国内では大御所テナー奏者の尾田悟氏のお気に入りとなっている.ドラムス演奏の他に,そのユニークなキャラクターが買われて映画やTVコマーシャルにも出演し,フランス映画「畏れ慄いて(Fear and Trembling)」では,なんと準主演を努める.

.

.

.

.

Frontthesummerknowskamewada02試聴とご購入はこちらから.

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

New Albun "Summer knows"リリースは7/20

全国の数少ないカメサダファンの皆様,

新しいアルバムの発売日は7/20です

ようやく,ジャケット・デザインもできあがり,現在,プレス工程です.

素晴らしいサイドメンを得て,なかなかの出来映えです.

これまで同様に素晴らしい録音,ミックスに加え,今回は,マスタリングも素晴らしい出来映えで,音質もなかなかです.

ジャズファンに加えて,オーディオファンの方にも,聴いていただきたい内容です.

ドラムスのバイソンさんとは3作目になります.
ドラムセット全体から立ち上る洗練されたリズム,スピード感溢れるブラシワークは健在です.

ベースBrentの弓によるソロはなかなかの聴きものです.

ピアノGregは貞夫さんともやっている実力者.暖かみのある美しい音色,しっとりと落ち着いたフレーズ,独特の響きを持つ和音.アルバムの魅力を何倍かに引き上げてくれます.

今回のジャケットは,イギリス在住の才能溢れる若きアーティストMirch Ivens氏の作品を使わせていただきました.

Frontthesummerknowskamewada02

The Summer Knows

パーソネル
亀和田國彦 (as)
Greg Mckenzie (p)
Brent Nussey (b)
Bison 片山 (ds)

1 Down wind
2 September
3 I wsh I knew
4 The Summer knows
5 Sunshower
6 What the world needs now is love
7 Sadao's song
8 I concentrate on you
9(After hours) Imagination

では,7/20をお楽しみに,,,

「SadaosSong.mp3」をダウンロード
Sadaos Song / Greg McKenzie

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

レコーディング2014速報

新たなCDアルバム作成に向けたレコーディングを行いました.

2/11(火),この日は建国記念日の祝日ですが,週末の大雪も落ち着き,予定どおり,都内のスタジオで1日かけてレコーディングを行いました.

4作目のレコーディングです.どうやら,懲りない性格のようです.

今回もカルテットで,メンバーは次のとおりです.

Greg McKenzie (p)
Brent Nussey (b)
Bison 片山 (ds)

Gregのピアノは,まず,音色が綺麗で,シンプル,堅実,優しい和音の響き,,,

私の演奏スタイルに良く合っている感じです.

一昨年は貞夫さんのツアーに参加し,また自分のトリオによるアルバムも複数枚リリースしています.

Brentは軟らかい音色でしかしフレーズは力強く,ぐいぐい押してくるスタイルです.

バイソンさんにと3回目のレコーディングですが,演奏内容は相変わらず,繊細なフレーズで優しい雰囲気を作ってくれます.

前回のレコーディングの反省をふまえ,今回は体調管理には気を配りましたが,当日,始まると,初めての環境,緊張と時間管理に気を配るなか,演奏内容への十分な配慮と演奏に向けて心を解放することができず,こちこちの演奏になったようです.後半は少し心がほぐれ,いつものライブに近い気持ちで演奏に望めました.

P1010588s_2
今回は,Gregのオリジナルを含むバラッドを複数曲レコーディングしました.CDにも複数曲収録されるかもしれません.

全国の数少ないカメサダファンの皆様,CD発売をお楽しみに!

そういえば,バイソンさんは体重を30kg落としたそうです,,

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

日々,漫然と過ごすうちに

日々,漫然と過ごすうちに,6月が過ぎ,7月が過ぎ,とうとう8月も半ばです.
私なりに,色々なことがありましたが,ブログの記事として整える余裕もなく,時が流れました.

日食以後のイベント報告です.
一番のトピックスは,6月に高校の同窓会にバンドの演奏で呼んでいただいたことでしょうか.
会場受付で,同級生の坂本くんや知久くんが,CD30枚を販売してくれました.ご購入いただきました皆さん,どうもありがとうございます.
次のメガネはやっぱり宇都宮,大工町のサカモトメガネですかね,,Oenka04




7月には,久しぶりのBlue-Jライブがあり,初めてのベーシストMs Litha DeAndrade とご一緒させていただきました.

8月には,オリオンジャズに出演させていただきました.今年は第30回の節目でした.いつものワークショップでの演奏の他,豊悦バンドで"Soul Bossa Nova"やエスコーラ・ジャフロと一緒に"黒い瞳"をやらせていただきました.
この日のプログラムは,1.エスコーラ・ジャフロ,2.豊田悦見(トヨエツ)グループ,3.宇都宮市民ジャズオーケストラ,4.佐藤グループ,5.亀和田グループ(Artistic Jazz Workshop)でしたが,トヨエツグループが終わったあたりで,雷-豪雨となり,ワークショップが始まる頃も未だ止まず,会場には屋根がありますがステージ裏のスクリーンの隙間からミストが飛んできて,ドラマーとベーシストは楽器が気がかりでなりません.雨は途中で止み,終わる頃には照明の熱で乾いたようです.
オリオンジャズでは毎年Tシャツをいただきます.今年は緑色でした.私は,Tシャツが似合わないらしく,いつだったか,Tシャツを着ていたところ,「前にボタン書いてやろうか」と友人に言われた記憶があります.Orionjazz201208115542_2

またピアニスト亜太郎さんの企画で,宇都宮のFKD特設ステージにて「小林亜太郎 The Moon ミニライブ」にもお誘いいただきました."The Moon"とは亜太郎さんのバンドの名前です.どこかのバンドとは対照的に明快です.Ataro201208125561

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

和気徹也さん&ヤマトさん

先日,インダルスドリームに,和気徹也さんとヤマトさんが現れました.

和気(わけ)さんは,写真作家で,ヤマトさんは相棒のデッサン人形です.

二人で世界を旅しながら,和気さんがヤマトさんをモデルに写真を撮るという仕掛けです.

さらに,和気さんは,その写真に,文章を付けて作品とします.

展覧会を開いたり本の出版をされたりしています.

今回は,JR宇都宮駅ビルにできるホテルからのお仕事とのことです.

「聴けば愉快だ宇都宮」のノリで,ジャズの聴けるお店の紹介のようです.

と言うわけで,どうやら,この晩の私は,ヤマトさん(木製のデッサン人形,身長30cm)と共演となったようです.

これは,今回の作品ではありませんが,和気さんのウエブサイトから作品を一枚コピーさせていただきました.

Waketetsuya001
ヤマトさんは,こんな感じで,世界中で,地元の人々と触れあい,各地の文化を堪能しながら旅をしています.この作品では,中東のイスラム教の寺院でお祈りの最中ですね.

今回の作品も,できあがるのが楽しみです.

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

カメラマン現る

昨年(2011)暮れの流庵(ルーアン)ライブの際,カメラマンが二人,現れました.

IsiさんとYngさんです.

いずれも,各メーカーの,いわゆる,"フラッグシップモデル"らしき,大きなカメラを抱えて,現れました.

さらに,お二人とも,親切なことに,プリントをいただきました.

複数枚いただきましたが,1枚ずつ紹介させていただきます.

Ishi121227sep_2

4人で写っている方が,Isiさんのもので,一見すると,ただ,ステージ全体を写しているありきたりの写真に見えますが,広角で近づき,フロントラインの私だけを少し大きく,また,近づくことでフォーカス深度を浅くして,後ろのリズムセクションをややぼかして,フロントラインとリズムセクションの対比を明確にしています.それぞれが演奏に集中する意識も,やはりリズムセクションとフロントラインそれぞれのあり方が良く映し出されていると思います..

Yoshinaga0004私のアップがYngさんのものです.人物写真は,瞳を写すことが目的だと思いますが,写真では,目を閉じた表情の中に,私の心の瞳が映し出されていると思います.

ありがとうございました.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧