イベント

2014年1月11日 (土)

松島啓之さんが来ます

今月(2014年1月)の近代人,第4日曜日に,トランペットプレーヤーの松島啓之さんをお招きしました.

歌心溢れる松島さんの演奏は,大好きなのです.

音楽で最も大切なのは歌心ですね,,

いやいや,楽しみです.

おそらく,近代人,初登場!

そんなわけで,日曜日ですが,26日には近代人においでいただき,ライブを盛り上げていただけますよう,皆様にお願いいたします.

Matsushimaflyer02

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

塩原温泉郷

原温泉は栃木県北西部の山中,箒川の峡谷沿いに宿が連なる温泉郷です.
明治時代から昭和中期にかけて賑わいましたが,近年はやや静かな気配です.

  昨年あたりから,塩原のご当地グルメとして「とて焼き」なるスイーツが発売されています.夏には夏向きにアレンジされたものが販売されているようです.「とて焼き」とは、ほどよい厚さで丸く焼いたスポンジのような生地に具をはさみ、クレープのように紙で巻いたもので、歩きながら食べられます.生地は,クレープの様な,どら焼きの様なパンケーキの様な感じです.そして,「とて焼き」を販売する11の店舗でそれぞれ中身が違っています.値段も違っています.
  私は,塩原温泉郷の入り口付近でたまたま見つけた,「亀屋本圃」で「和スイーツとて」を食べました.大きさもお店によって違うらしく,こちら「亀屋本圃」のとては,小さめでお値段も控えめの250円でした.中身は,確か,あんこにプリンとアイスクリームだったかと思います.大きさ,お値段共に控えめなので,お財布と美容に優しいとてです.

  「とて焼き」とは,塩原温泉をご存じの方は想像が付くかと思いますが,「とて馬車」が名前の由来です.とて馬車は,またまた塩原温泉の名物で,そうですねえ,定員10人くらいの客車を1頭の馬が引く馬車なのです.どうやら,今やとて馬車は1台が残っているだけのようですが,かつては温泉郷の公共交通手段として観光客に人気でした.
更にとて馬車の由来を遡ると,明治後期から昭和初期まで運転された「塩原電車」の終点「塩原口駅」と温泉郷を接続する交通手段だったようです.さて,この塩原電車ですが,とて馬車や東野鉄道は知っていた私も,これは知りませんでした.JR西那須野駅から,おおよそ現在の国道400号線沿いに塩原に向かう路線で,関谷を超えて今の塩原ダムのあたりまで路線が延びていたようです.そこから温泉郷までをとて馬車が繋いでいたのでしょう.なるほど.(右の路線図は次の頁から引用させていただきました.http://homepage1.nifty.com/pyoco3/local/kanto/kanto.htm)Shiobaradensya_2


  栃木県の大きな温泉郷は,那須,塩原,鬼怒川,日光でしょうか.日光は,世界遺産でも知られる東照宮等の歴史的建造物や,中禅寺湖,戦場ヶ原などの雄大な自然を持っています.鬼怒川は,栃木県で一番の摩天楼を有する大きな温泉街で,東京から東武電車1本でアクセスできる歓楽温泉街です.那須は,高原の地形が美しい風景を生み,家族連れやカップルが楽しめる多数のアミューズメント施設が配置されています.そのなかで塩原温泉は,峡谷に線状に温泉が展開し,温泉以外には目立った特徴に乏しく,規模も鬼怒川に比べれば小さく,近年はやや老朽化した施設が目立つ印象です.
私が住む宇都宮からの印象ですが,かつて,自家用車の普及が現代ほど進んでおらず,道路の整備も未熟だった時代には,塩原温泉に行くことは立派な旅行で,バスト列車を何本か乗り継いで,一日かけて行く場所で,一泊以上を要する旅行の目的地でした.しかし,道路が整備され自家用車が日常の足となった現在は,1時間と少しで到着します.残念ながら宿泊の必然性がなかなか見いだせない目的地となってしまいました.

Kisyutetsudodsc00538


  そんな中,紀州鉄道那須塩原ホテルが気を吐いています.「カスケード・コンサート」と称し,連日,ホテル内でクラシックとジャズのミニコンサートを実施しています.カスケードとは多段式の滝の事で,ホテルの説明としては,ミニコンサート背面の中庭にある滝から名付けているようですが,次から次へとコンサートがたたみかけるように繰り返されるコンサートの印象に良く合っています.
  先日,カスケード・コンサートに私も呼んでいただきました.オーディエンスは,浴衣姿の宿泊客の皆さんです.かつて毎年夏に催された奥日光ジャズフェスティバルを彷彿とさせます.やや音が吸い込まれるデッドな響きに少し力が入りましたが,ピアノとのデュオを楽しませていただきました.

ホテルで公開した演奏のビデオ映像です.

http://www.youtube.com/watch?v=5_B8XfQT96s&feature=player_embedded#t=0s

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

真夏のフェスタ・イン・大谷

再び,フェスタ・イン・大谷にお招きいただきました.

会場は,前回と同じで,大きな平和観音の前の広場です.確か,前回は11月頃で,日が沈む前の一時,夕日に照らされた木々の紅葉が青空に良く映えていました.

Festainoya03日が落ちると,広場前には大谷石の容器に入れられたキャンドルが多数並べられ,またキャンドルが立体的に配置されたオブジェが現れ,幻想的な光景となりました.

また,今年は平和観音がライトアップされ,また,私たちにも照明が当てられ,暗闇に浮かび上がりました.

前回は,キャンドル以外に全く照明が無かったので,お互いにメンバーも見えず,お客様からこちらも見えず,ライブなのかCDなのか分からないという状況でした.また前回は,非常に寒く,楽器のピッチのずれを気にしながら,凍える指を温めながら,演奏した覚えがあります.暗闇で演奏していると,自分が実在する人間なのか幽霊なのかもよく分からなくなります.

今回は,会場全体のお客様の数も,聴いてくださるおFestainoya04客様もかなり多く,私も一層楽しく演奏できました.

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

いろんな人が通りかかりました

なんと,タイにいるはずのドラマー森内氏が一時帰国したらしく,ちょうどJR宇都宮駅に到着しました.

1ヶ月ほど前に突然いただいた依頼で,何度目かのステーションジャズです.

4/15(日曜日)の午後2時スタートの準備をしていると,なんと,森内氏が現れました.私は,「やあ」と言ったものの,良く理解できぬまま,数秒間,立ちつくしました.

何曲目かのソロが終わってステージ袖で,ピアノのソロを聴きながら視線の先の登りエスカレーターを眺めていると,誰かが上がってきます.たまたま昨夜メールのやりとりをしたasのY氏の様です.彼もこちらを注視していますが,この意外な事実にどうやら状況が把握できないようです.おそらく,彼の頭には,JR宇都宮駅の改札前でジャズの演奏がなされていて,それもよく知ったメンバーがやっていると認識できないのでしょう.

Stationjazz201204155427_2

ふと,客席に目をやると,今度は,voのK氏の姿があるではありませんか.買い物に,この界隈に現れたところ,どうやら,カメサダの音らしき演奏を聞きつけ,様子を見に来たようです.

さらに,後でメンバーに聞いたところ,やはりvoのOM氏も客席にいたようでです.

なんと,この日は,偶然にも宇都宮のジャズミュージシャン4人が通りかかりました.

2時間で4人に偶然に会う程に,宇都宮のジャズミュージシャン密度は高いのでしょうか?

--------------------------------------------------

久しぶりに,最近気に入っている曲を貼り付けます.

「EEIsfahan.mp3」をダウンロード

Isfahan '12/4/18 @Indulz Dream

先日,ベーシストのH氏が,この曲,アルトでやると良いですよ,,,,,カメサダさんに良くあってると思いますよ,と勧めてくれました.

Isfahanはデューク・エリントンの曲で,バラッドですが,弾むスイングが合う曲です.私のこれまでの印象ではテナー奏者のジョー・ヘンダーソンが,やっているという印象が強く,改めて彼の演奏を聴いてみると,ベースとのデュオで,結構早いテンポでやっています.やや複雑なコード進行のこの曲をいわゆるコード楽器無しで,コード感を出すところはさすがです.

Isfahanはイランにある美しい街の名前です.私が高校生の頃,熱心に読んだ遠藤周作の小節「アデンまで」の登場人物の会話に出てきた記憶があります.確か,アデンに向かう船の中の会話で,「どこから来たの?」「イスファハン!」「イスファハン?」といったやりとりであったかと記憶しています.アデンは,イエメンの港町で,イラン内陸のIsfahanからは結構な距離があると思いますがねえ,,

--------------------------------------------------

「EESummerNight.mp3」をダウンロード

Summer Night '12/4/18 @Indulz Dream

Summer Nightは私にとってArt Pepperの演奏で印象が深く,以前から好きな曲です.最近,トランペッターの宮脇裕子氏が自身のアルバムSong og Flowerで演奏されているのを聴き,改めてやりたくなりました.やっぱり,なかなか良い曲です.

---------------------------------------------------

「EEOnce ILoved.mp3」をダウンロード

Once I Loved '12/4/18 @Indulz Dream

Once I Lovedはボサノバのスタンダードで,今更持ち出す様な曲ではないのですが,やはりGetzの演奏が印象的で,美しいメロディーが,切ない印象を与えます.

--------------------------------------------------

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

シティーホール・コンサート

さて,このところ,こちら宇都宮でも,少しだけ,春めいてきました.
今月の中頃,宇都宮市役所の入り口のホールで,コンサートがありました.
ピアニストの小林亜太郎さんにお誘いをいただき,参加して参りました.

Cityhall_kanacyan


この写真,なかなか良いですね.

知人が撮ってくれました.
この角度,画角,そして,床のラインが,良い感じです.
パーティションが無ければ,より良い感じでしたね.

宇都宮市役所の最近のコンサートは,クラシック系の演奏が多かったようです.
久しぶりのジャズです.
大勢のお客様にお越しいただきました.皆さんには,お楽しみいただけたでしょうか,,?

| | コメント (4)

2011年12月 9日 (金)

近代人50周年パーティー

一応,近代人の50周年パーティーの記事を書いておきましょう.

磁気メディアは,はかないものですが,記録しておきましょう.

私のホームグラウンド「宇都宮・近代人」は創業50年を経過したのです.本当は昨年が50年目でしたが.

Kindaijinpartyp1000359近代人のマスターの話によれば,50年を超えるジャズのお店は,全国に3件あって,近代人は3番目に古いとの事.その中で,一人のオーナーが継続しているのは近代人のみだそうです.他は,世代を交替して続けているとのことです.

何はともあれ,400人のお客さんを迎え,近代人のレギュラーバンド総出演で,市内の「グランドホテル」でにぎやかに開催されました.

マスターには,私たちプレーヤーや常連客が費用を分担して,音符の形をした赤いバッジをプレゼントすることができました.

地元の下野新聞にも大きな記事が掲載され,まあ,宇都宮の文化的イベントとしてそれなりの位置づけであったということです.P1000539_2

記念品として頂いたペアのグラスです.透明なガラスに黒インクで模様が描かれています.底には,以前,使用されていたコースターの図柄がデザインされています.

これでバーボンのソーダ割を飲めば,いつでも,気分は,近代人,と言うことか,,

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

Miya Jazz Inn から Jazz Cruising

さて,昨年も,こんな書き出しだったかもしれませんね.

われらがワークショップ(Artistic Jazz Workshop)はいろいろなイベントにも積極的に参加します.Miya Jazz Innへの参加は,なかなか手間がかかります.音源を添えての参加申し込みに始まり,審査結果が送られてきて,メンバー編成などを改めて返送します,と言った具合に,事務局と何度かのやりとりが必要です.もっとも,聞くところ,仙台の定禅寺は,事前に会議があり,代表が足を運ばなくてはならないようですが.

今年も,去る11/5のMiya Jazz Innに参加しました.Miyajazzinnp1000485

ワークショップの演奏が始まると,徐々にお客さんが多くなり,客席の向こうに立ち見の方が何重かになっておられました.この様に多数のお客様の前での演奏は,そうそう多くありません.ありがたい限りです.

この様な解放された屋外の演奏の音質やバランスは,音響担当の方を信頼するしかないのですが,この日の音はとても心地よく,大変気持ちよく演奏できました.

写真は,出番前に談笑するメンバーです.

ワークショップは,この日のこの会場の最後の演奏で,6:30頃に演奏を終了し,メンバーは,夜の部Jazz Cruising に向けて,それぞれの会場へと向かいました.

管楽器奏者にとって,会場の音の響き方(残響)は非常に大切です.響きが少なすぎると,演奏に力が入り過ぎてたいてい良い演奏ができなくなり,またお客様に届く音がしぼんでしまいます.反対に響きすぎると,汚い音になったり,または,立ち位置とお客様との相対的な位置関係で聞こえ方が大きく違ったりということになります.Cruisingp1000503

初めての場所では,いろいろな不安の一つに,この音の問題も出てきます.この晩は, バンビーノという初めてのお店です.お店の内装は,硬い材質で,形は直方体なのですが,なぜか,音は結構心地よく響きました.

この日は,私にとってはいつものメンバーです.休憩時間に岩見氏が楽譜を探しています.

| | コメント (0)

フェスタin大谷

宇都宮の西の方に大谷という地域があります.

宇都宮近郊では,大谷といえば,大谷石です.緑色凝灰岩で,噴出した火山灰が水中で堆積したものと考えられているようです.宇都宮界隈の石倉と言えば大谷石,石塀といえば大谷石です.非常に柔らかく,簡単に切ったり削ったりと加工が容易です.

ところで,栃木県北部の芦野石や福島の白川石は堅さはだいぶ違いますが,見た目は似てますねえ.基本的に同じものでしょうか?

大谷では古くから採石が行われ,露天掘りの他,地下も掘られ,一説によれば,採石跡の空洞は宇都宮市街地まで届いているとか.

さて,去る11/29-30,この大谷で,Festa in Oyaなるものが開催され,ナイトジャズとして,わがワークショップ(Artistic Jaz  Workshop)をお招き頂きました.

演奏開始は午後6時で,会場の平和観音前の広場も,この時刻にはすっかり暗くなり,辺り一面に置かれたロウソクに灯りがともされました.当日はやや寒い日で,シャツにブレザーの出で立ちでじっとしていると,体がガタガタとなる感じでしたが,ロウソクの明かりは,心なしか暖かい感じがします.

ロウソクの灯りが照らす広場の雰囲気を壊さないようにとの配慮で,ステージの灯りも,楽譜を照らす小さなLED1灯だけで,歩くのも容易でない暗さです.

この夜は,太平洋戦争の戦没者を悼んで建立された平和観音を背負って演奏する胸に,何か熱いものを感じたような気がしました.

暗さと寒さの中,ロウソクの明かりだけで,演奏が終了する8:30頃まで,大勢のお客様におつきあい頂きました.ありがとうございました.Oyap1000410

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

マーメイドブラス@オリオンジャズ2011

アーティスティック・ジャズ・ワークショップは,今年もオリオン・ジャズに出演させて頂き,楽しく演奏してまいりました.

いつものように,内部くんtpとカメサダas,二人だけの"Line for Lyons"もやりました.

ワークショップの演奏が始まる18:30頃には空も暗くなり,照明が雰囲気を盛り上げます.

オリオンジャズでは,毎年,Tシャツを作っています.昨年は白で,今年は紺色でした.Tシャツをいただきに,控え室になっている,オリオン通り沿いのビルの3Fに行くと,7-8人のお姉様方が,お化粧に熱中しています.

おお,このお姉様方が今年のゲスト,「マーメイドブラス」の皆さんなんだな,,

向こうでは,トヨエツさんのグループが午後2時からやっているというリハーサルが続いています.今年はトロンボーン4本でアンサンブルをやるようです.なかなか積極的な試みですね.

Orionjazz2011さて,マーメイドブラスは女性だけの小編成ブラスバンドで,公式Web Sightには,

「懐かしい昭和歌謡やラテン、ジャズなどを、独自のアレンジかつ独自のダンス、パフォーマンスで元気いっぱい繰り広げる姿は、従来のブラスバンドとも違う、ジャズバンドとも違う、マーチングバンドとも違う、オリジナリティ溢れるスタイル。」

と書いてあります.実際の演奏内容も,全くそのとおりでした.

良く訓練されていて,皆んなが知っている曲をやりますので,やはり,お客さんの印象はとても良いようです.

最後まで聴いていられませんでしたが,CDは飛ぶように売れたのでしょうか,,

アルバム「ソウル・アイズ」から「ザ・ドルフィン」をまるまる1曲,YouTubeにアップしました.右の枠にリンクがありますので,CDをお持ちでない方は,聴いてみてください.初めてYouTubeにアップしました.では,,

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

サンセットジャズ2011

サンセットジャズというタイトルの記事をこれまでに書いたかどうか分からないので,とりあえず,2011を付けてみました.

宇都宮での,公式路上ジャズライブは,ミヤギグ,ミヤジャズ,サンセットジャズ,ステーションジャズ,オリオンジャズ,路上ではないけど,議場ジャズ等でしょうか.オリオンジャズ以外は,市役所に事務局があるジャズの街委員会が主催などをしているようです.

そんなわけで,今年も,7/23土曜日,サンセットジャズに出演させて頂きました.今年は,オリオンスクエアーです.そうですよねえ.あれを積極的に使わないともったいないですよねえ.

Sunsetjazz201107235118お客様の数は,概ね椅子の数と同じくらいの30-40人程度でした.オリオンスクエアーで30人は寂しい感じですが,熱心に聴いて熱い拍手をいただける皆さんでしたので,私には十分でした.

8/13にはオリオン通り商店街主催の,オリオンジャズがありますよ.

路上のイベントが,宇都宮の街や宇都宮のジャズにどう影響してゆくのでしょうか.

大きいステージはそれなりに気持ちが良いものです.こんな時にはやっぱり2管編成が良いですね.辺りがすっかり暗くなり,照明が生きてくるこの時間帯がなかない良いですね.

この日は,出られないメンバーが複数いて,Extraメンバーで臨みました.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧