ジャズスポット

2018年11月23日 (金)

Jazz Spot 近代人

私も,一応,ブログに書いておきたいと思います.
宇都宮のJazzの老舗,”近代人"のマスター,平山正喜(ひらやま まさよし)氏が9月12日に他界されました.


とちぎテレビでは,年末放映予定で,近代人マスター追悼番組製作中のようです.

私はJazzを始めたばかりの二十歳のころから訪れていました.
そのころの泉町は宇都宮で一番の歓楽街で,左右に飲食店が連なる泉町通りは往来する人が多く真直には歩けない状態でした.
その一角にある近代人は真っ赤な絨毯敷きにシャンデリアと学生の私にはとても煌びやかでドアを開けるのが怖い様なお店でした.高級クラブを居抜きでJazz Club にしたお店です.
絨毯,シャンデリア,ソファー,テーブル,カウンター,ボトル棚など,今もそのままですが,移転後45年の時が風合いを醸し出しています.
今,初めて訪れる人には,"昭和レトロ"でしょうか.

さて,私は,これまで,このブログの"昔話"にも何度か書きましたように,やはり泉町にあった"Groovy"というライブもやっているジャズ喫茶をベースキャンプとしていましたが,時には,近代人にも足を踏み入れ,諸先輩のライブの後にジャムで何曲かやらせていただく日々でした.

おそらく,25-30年くらい前に,近代人の第4日曜日のレギュラーにしていただき,それ以後,トイレが壊れた日とマニラに長期出張した月の2回を除き欠かさず務めてきました.
大学のジャズ研の流れのメンバーによるカルテットで始め,一時期は変化を求め,シンガーが,何人か加わり,続いて,トランペットを入れたクインテット,更にギターを入れたセクステットになりました.今は,元に戻って,カルテットでやっています.
私以外のメンバーは皆変わってしまいました.
近代人の歴史などについては,新聞やネット上の情報をご覧いただきたい.
マスターに対する印象です.店の経営者として真剣,バーのマスターとして頑固,また,ジャズクラブのマスターとしてミュージシャンを大切にします.
演奏に対しては寛容でもあり厳しくもあり.各論的なことは論じませんが,全体の印象や気迫に対し厳しくとらえます.

近代人の客の大部分は,演奏を聴きに来ます.また,マスターも常に厳しい視線をこちらに向けます.さらに,絨毯敷きの店は響きが非常にデッドで,管楽器奏者には厳しい環境です.
30年経った今でも,近代人の演奏には力が入ります.
幸運な事に,小平氏が近代人の経営を引き継いでくださいました.
もうしばらく,宇都宮"近代人"の夜は続くことでしょう.

Kindaijin201310116175

最近,外出先では,バーボン・ソーダをいただきます.
表面張力の限界を超えてこぼれています.
また,おかわりの度にバーボンが濃くなり,3杯目はほとんどバーボンロックです.
2013年の写真ですが,予定表は,未だ日曜日のみですね.
予定表の後ろに,貞夫さんと一緒に写ってる写真が貼ってあると思うのですが,,,
ここに行けば,いつでも,平山マスターに会える気がします.

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

宇都宮はジャズクラブ戦国時代突入か

今月(2012年2月)の宇都宮のジャズライブを並べると,こんな感じです.

2012febschedule_2
合計54回です.火曜日は少なくて,0の日もありますが,月末の24(金),25(土)はそれぞれ5箇所でやっています.(同時開催の状況を把握するために書き出しましたので,グループ名等は当方の判断で暫定的に書かせていただきました.不適切な箇所がありましたら,ご容赦下さい.)

これまで,お店毎に曜日を分ける傾向がありましたが,このところ,金,土は競合が多くなってきました.

30年くらい前に,ジャズのライブをやっていたのは,近代人とグルービーの2件で,グルービーが営業をやめた時期は,近代人の1件のみで,演奏回数も毎週日曜日の4回(グループ)のみでした.もっとも,この期間,マニアでも,不定期に継続されていたようですが.

20-30年前は,お店の数も少なく,また,プレーヤーの数も少ない時期でした.近代人でも,レギュラーの4グループのうちの一つが継続できなくなり,その後を引き継ぐメンバーを探すのに苦労する様な状況でした.

最近は,プレーヤーの数も順調に増え,今は,そんな心配は無用です.ジャズのライブを中心に据えているお店では,やはりライブの日に来客数が多く,ライブの回数を増やす傾向にあるようです.また,プレーヤー自身も客になるので,ジャムセッションも魅力的です.Ruan201201275330


先日お世話になったお店でも,金曜日のライブを増やしたい希望をお持ちのようです.

我々プレーヤーにとってはありがたいことですが,当面,限られた宇都宮のジャズファンを分け合うことになるのでしょうか.夜,ジャズのお店に出かけてくれる人の数が増えてくれるのが,私たちの,一番の希望ですね.

非社交的で堅実な県民性,東日本は早い時刻に暗くなる,という点で,宇都宮は,ちょっと不利な気がしますが,,,

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

流庵(ルーアン)再び

しばらく前に,流庵の記事を書きましたが,再度の記事です.

どうやら,以前の方が経営をやめられたらしく,先月の12月頃から,ギタリストの山口さんがお店を開けています.土曜日のみの営業で,ライブをやっています.確か,以前のお店は,ジャズにこだわらない内容のライブでしたが,今は,当然,ジャズだけです.

早速,おじゃまして,演奏もさせていただきました.店内には,Rodesのピアノが置いてあります.また,PA装置があります.さらに(多分)ドラムセットも導入されつつあるようです.そうですね,ジャズをやるには,この三点が必要ですね.もっとも,宇都宮市内には,無くてもやってるお店もありますが,これが無いと若干の制限要因になります.

Ruan201112305305Rodesと言えば,音楽をやっている方はよくご存じの,歴史的に評価の高い電気ピアノで,確かに,電気ピアノと割り切れば,さすがにいい音が出ます.60年代から70年代に大きく流行し,その頃は,たいていの著名なジャズピアニストも,一度は弾いています.あのEvansやHampton Hawesも弾いてますね.現在は,残念ながら,限られた人しか弾いてません.やはり電気ピアノは普通のピアノのを代替するのは無理で,性格の異なる別の楽器として,ある意味では定着したと言うことでしょう.

私も,基本的には電気ピアノは好きではありませんが,Art PepperもHampton Hawesが弾くRodesと一緒にやっていますし,そのつもりでやれば,それはそれで良いのです.おそらく,ピアニストも,そのつもりで演奏しないと,楽器の特性を生かした良い演奏にならないと思います.と言うことで,先日演奏させていただいた折には,Art PepperのOpheria等をその気になってやらせていただきました.

流庵の歴史については何も知りませんが,店内の内装や装飾,また以前の営業形態などから,昭和40年代のいわゆる「アングラ ライブハウス」だったのだろうと思います.

天井も低く,満席で15人程度と非常に狭いお店にもかかわらず,残響はそれほど大きくなく,快適に演奏できます.もしかすると,プレーヤーの立ち位置やお客さんの聴く位置によって,バランスや音質がかなり違うとも考えられます.Ruan201112185286

流庵について,もう一つの特記事項は,山口さんが作るお料理が非常においしいと言うことです.

各種チーズ等を燻製にしたものや,からすみ等の乾物類の他,週替わりで,各種煮物等を出していて,これが例外なくおいしいのです.これは,おなかの空いたオジサンには,非常に魅力的です.

土曜日の営業だと,市内のジャズクラブにも,若干の影響を及ぼす可能性もありますね.

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

ジャズの街を考える

来る11月6(土)-7(日)はこちら宇都宮でミヤ・ジャズ・インがあります.私は7日11時からJR宇都宮駅の出番です.この日は,市内何カ所かにステージが設けられ,二日間,ジャズを中心としたステージが展開されます.

当日配布されるパンフレットに,宇都宮のジャズを語ると言う企画が掲載されるらしく,ADIジャズのO氏を座長に,宇都宮でトロンボーンを吹いているTo氏と市民ジャズオーケストラでギターを弾いているTa氏と共に意見交換する機会がありました.
内容は,ミヤジャズのパンフレットに掲載されるものと期待されますが,今日は,私の印象の一部を紹介します.

今回のミヤジャズは,1974年が第1回目で,当初はホールで開催されていました.40年に近い時間が経過し,経緯を知る人は少ないと思います.近年は,仙台定禅寺ジャズフェスを見本にして街中で催される様になった様です.

現在の事務局は商工会議所にあります.主催者側の継続性は無く,名前だけを継承しているのかもしれません.余談ですが,ポスターを見ると,その当時は"Miya Jazz in 1974"の名称だったものが,最近は"Miya Jazz Inn 2010"になっています.

一方,ミヤジャズにタイミングを合わせて夜に開催されるジャズクルージングは,ジャズ協会の主催です.ミヤジャズ出演者にはジャズクルージングのチケットが配布されるようですので,ある程度連携しているのでしょう.

先月のオリオンジャズも28回を数えますが,これはオリオン通り商店街主催です.またステーションジャズとサンセットジャズは,市役所の文化課,または文化課に事務局があるジャズの街委員会の主催と思われます.

という様に各種団体がそれぞれにイベントを持っているのです.それぞれの団体はそれぞれの思惑を持って開催しています.行政施策から,加盟店あるいは自分の店の集客まで,様々でしょう.

これが一枚岩になるのが力を発揮するのか,あるいは,組織はホモジニアスになると弱体化するのが常のようですので,多様な団体がそれぞれに活動するところに総合的な力が生まれるのかもしれません.

ところで,「ジャズの街」とはどの様な街でしょうか?ジャズの演奏がたくさん行われて,市民が日常的にジャズを聴きに出かける様な街でしょうか.今,宇都宮のジャズ関連団体が競うイベントを多数催すのもジャズを日常的なものにするという点で,一助になるかもしれません.

一方,ジャズは太陽の下で大勢の聴衆を前に遠くで演奏されるよりも,本質的には,夜,狭い室内で少数の聴衆と意志をやりとりしながら演奏される性格の音楽です.プロからアマチュアまで,幅広い力量のプレーヤーが演奏できる場が十分にあることが必要でしょう.そのためには演奏家と演奏を受け入れる聴衆が必要です.

巷の経済状況は決して好転していないと思いますが,居酒屋系の飲食店には一定水準の客数が入っている様に見えます.しかし,ジャズの店では客数の確保がいずこも課題のようです.

宇都宮のジャズの店は,週1回から4回のライブをやっています.客数がライブの有無に大きく左右されない性格付けの店は別として,看板にある程度の大きさでジャズをうたっている店で,ライブの日は一定数の客が入るものの他の日は少ないという状況にあるようです.かといってライブを増やすと,その傾向は一層明瞭になり,また,同時に,1回のライブへの客数も減少することになるものと思われます.

この様な現象は,そもそも,ジャズを聴こうという人の数が少ないのが根本的な問題です.ジャズを聴きに来る客はなぜ少ないのでしょうか?店または演奏に魅力がないのでしょうか.または,文化的に夜外出してジャズを聴くような習慣が無いのでしょうか.あるいは両方かもしれません.

これらは相互に関連している可能性もあります.両方の要因があって,それらが相互に影響しあってますます状況が悪くなると言うのが,真実ではないかと思います.更に,店側の問題としては,お店自身と演奏内容または演奏家の問題の二面の問題があります.

ジャズの店は,ジャズの演奏を,店を構成する要素の一つとして捉えるべきでしょう.これを大きく捉えすぎると,集客を演奏に強く依存することになります.またはお客さんのジャズを聴く習慣性に強く依存することになります.十分に魅力的な演奏家が多数用意できて,それを受け入れる聴衆がたくさんいれば,この条件は満たされますが,現在の宇都宮はこの領域には達していない様です.これまでに,この様にして失敗した例がいくつか思い当たります.

逆に,演奏の位置づけを小さく捉えることは,演奏がBGMになることを意味します.お店に十分な体力と,オーナーの揺るぎない考え方,演奏家の演奏への強い情熱があれば,継続できるでしょう.この様な店の大部分の客は,決して音楽を聴きに来るわけではないので,演奏家の動機付けが低下し,ライブのパフォーマンスが低下する要因にもなるでしょう.

この様に考えると,ジャズが無くても店に十分な魅力があり,ライブパフォーマンスにも一定水準の魅力があり,ジャズがお店の要素の一つになったときに,お店全体の魅力がより大きなものになると言うのが理想でしょうか.

その具体的な手段として,Ta氏から提案のあった街中の蔵を活用すると言うのもその一つでしょう.彼によれば,宇都宮には大谷石の蔵が多数残り,それらは線で結ばれる様な位置にあるそうです.蔵の持ち主はそれを有効に活用したいと思い,一方で,蔵の有効活用のアイディアを持つ人もいるので,それを調整する機能があれば両者がうまく繋がるのではないでしょうか,蔵の中の空間は,感覚的にも音響的にも魅力的で,その中にジャズを組み込むことによって,ジャズを構成要素の一つとする快適な空間が生じるのではないでしょうか.

今,宇都宮に,私が感じる理想に近い状態で営業する店は心あたりませんが,かつてY氏が経営していたGroovyはこれに近い位置にあったかもしれません.折しも,バブルのただ中,しばらく好調だった様ですが,長期間の継続はできませんでした.創業から50年を誇る泉町のお店は継続しているという点である程度うまくいっているのだと思いますが,私の記憶の片隅にある30年前の同店は,今よりも遙かに繁盛し輝いていました.時代の流れと価値観の変化を捉えてゆく必要もあるでしょうね.

真のジャズの街は,この様ないくつかのジャズの店を複数支えられる街なのです.

魅力的な店を作るためには,当然ながら店と演奏者の双方の努力が必要です.演奏家は,基本的な演奏力,表現力を向上することに併せてパフォーマンスの質の向上も必要でしょう.ジャズの演奏家が時々忘れがちなことかと思います.

宇都宮では,伝統的にライブのいわゆるアフター・アワーズにジャムセッションが行われていましたが,最近,ジャムセッションのためのジャムセッションが増えています.プレーヤーの裾野が広がっているのを反映しているのかもしれません.一方,お店側の視点に立てば,ジャムセッションには客が入るという理由が大きい様です.それもまた,ジャズの街の一断面かもしれません.

宇都宮は,餃子の街,カクテルの街,ジャズの街として,対外的にPRしています.宇都宮市役所の文化課内にはジャズの街委員会事務局があるようです.商工会議所内にもジャズ担当の方がいらっしゃるようです.ジャズの街のキャッチフレーズが打ち出されて何年になるでしょうか.街中に貞夫さんのシルエットをモチーフにした旗Indulz201008234521が飾られ,ジャズマップが作られました.ジャズの街というキャッチフレーズは,まち作りのための市民向けなのでしょうか?

外部の方に,宇都宮はジャズの街なの?と訊ねられて,自信を持って「はい」と答えたいのは,宇都宮でジャズにかかわる全ての人の願いでしょう.

「ソウルアイズ」好評発売中.

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

ベースキャンプ Base Camp スケジュール

と言うわけで,結局,Base Campのスケジュールも掲載しました.

Imgcd1_2

Basecamp02022008039

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

ブルージェイ Blue J スケジュール

どうやら,このところ,宇都宮 Blue-J のHPが動いてないようなので,Blue-Jのスケジュールも掲載します.

これは,更新できないかもしれないなあ.

Imgcd1_2

Bluej201003264321

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金)

近代人スケジュール

Indulz Dream に引き続き,宇都宮 近代人の演奏スケジュールも掲載します.

ご活用ください.

右サイドバーに,Utsunomiya Jazzという項目を設定しました.

参考までに,私の出番は,毎月第4日曜日です.Imgcd1_2

春のジャズクルージングの日程が決まったようです.

5/15(土),です.私は,レディオベリー Radio Berry の予定です.こちらも,皆さん,よろしくお願い致します.

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

インダルスドリーム Indulz Dream スケジュール

先日,お客様から,宇都宮 インダルスドリームの演奏スケジュールが分からないと言われましたので,本ブログに,掲載することにしました.

確かに,ジャズ協会のHPには掲載されていると思いますが,お店のHPには掲載されていません.

リンクを右のContentsに加えました.f Indulz Dream Schedule です.わかりにくいかもしれませんが,クリックしてください.

専用のボタンも作ってみました.このボタンからも見られます.Imgcd1_2

|

2009年11月 8日 (日)

カフェ・ド・セイシェル

タイトルにお店の名前を設定しましたので,カテゴリーはジャズスポットにしました.先日のジャズクルージングでCafeduseychell200911014076 初めておじゃましたお店,カフェ・ド・セイシェルです.

宮っ子ならば知っているかもしれませんが,以前はロバーツというカフェでした.確か,ロバーツの内装は,古い家具などを多用し,センス良くローコストで作成された感じのお店でした.こんな作り方をされたカフェが数年前は,市内にも多数あった気がします.今回は,セイシェルに変わってから初めてうかがいましたところ,以前の面影は残るものの,全体におしゃれな感じに仕上げられていました.

さて,去る10/31と11/1に催されたジャズクルージングですが,私は,1日目セイシェル(駅東),2日目カフェ・ド・セイシェル.一日目はお客様もそこそこ来てくださいましたが,なにせお店が広く,ちょっと寂しい感じでした.Jazzcruising2009103140722日目は,なんと,片手で数えられる程度のお客様でした.しかし,熱心なファンの方が一人,スタートの一時間前から おいでいただき,最後まで聴いていただきました.

2日目のカフェ・ド・セイシェルは,クルージングに参加している他のお店から1件だけちょっと離れており,演奏メンバーに熱心なファンの方以外は,なかなか来られないかもしれません.また,2日目は雨になり,夕方からはかなり強く降りましたJazzcruising200911014078

今回のクルージング,全体にはどうだったのでしょうか?近代人,インダルス,BCあたりは問題ないと思いますが,そのラインから横方向にあるお店はどうだったでしょう.

二日間とも市内をクルージングしてくれるジャズファンは少ないんじゃないでしょうか.義理でチケットを買ってくれた知り合いは,たいてい,一日だけ聴きに来てくれます.二日間の開催だと限られたオーディエンスを二日に分けることになりますね.チケット代も二倍の2000円になります.

全体の状況は把握していませんが,開催は1日,または2日の場合でもチケットは1000円が良いのではないでしょうか.

また,多くのお客様は,チケットがあれば後は飲み物代のみの支払いと思っていますが,お店によっては他のチャージが請求されることもあるようです.ジャズクルージングに関しては料金体系も統一して欲しいものです.

ジャズクルージングも参加店が年々増加し,盛り上がっているようです.この企画は,ジャズの街宇都宮とクルージング参加店のイメージ,知名度アップにとても有効だと思います.ジャズの街宇都宮も徐々に浸透しているようです.お客様に優しいジャズの街であることを願っています.

1日目のピアニスト,長嶋祐希さん,2日目のドラマー,柿崎康則さんとはいずれも初めての演奏でした.

Imgcd1_2

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

Cozyはディスコになるのかなあ,,

先月は,とうとう,記事を1件しか書けませんでした.

Jazz Cruisingが終わったので,その報告でもいたしましょう.

予定どおり,宇都宮は松が峰のCozyで,予定どおりのメンバーで演奏できました.

お客さんの数はまあまあで,3回の演奏ともおおむね満席でした.残ってくださるお客さんと入れ替わるお客さんのバランスも良く,とても良い感じでした.Cozyはやや広いので,近所のBCやBJに入りきれなかったお客さんの受け皿としても機能したかもしれませんね.Kashiwada200905303432

私にとって,少し恐ろしかったのは,途中,Jobimのボッサの演奏中に,ミラーボールが回り,さらに3回目の終了後にはストロボが点滅し,ディスコミュージックが大音量で流れたことでしょう.

人は一人ずつ違っていて,理解の有無にかかわらず,ありのままを受け入れることが必要ですね.

Inoue200905313436

コントラバスの山口君とは半年ぶり.ドラムスの柏田さんも最近昼の仕事が忙しいらしく,なかなか一緒に出来ません.

| | コメント (0)