« 2018年1月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年7月

2018年7月 1日 (日)

青森演奏記

先日,楽器をぶらさげて,青森に行って参りました.

 40年ほど前に,車で北海道に行ったおりに,通過をした記憶はありますが,目的地として訪れるのは初めてです.手前の八幡平までは,行ったことがあったのですが.

 1日目は,学生時代の知人で,当時自治医大のRoute 4にいたドラマーで医師のK氏のセッテイングで,八戸のFlat.
客席はおおよそ満席で,実に楽しく演奏させていただきました.
Flatは繁華街の地下にあり,がらんとした四角い空間でジャズに限らずいろいろなジャンルの演奏が行われています.マスターの吉田氏は優しくて気さくな方で,四方の壁は,演奏した皆さんのサインで覆い尽くされています.
 ドラマーのK氏は,現在,レギュラーの枠を持っていないとのことですが,友人でベーシストのU氏と共に,軽快にスイングしぐいぐいとドライブしていました.
お客様も,ジャズを良く分かっていただける方が多く,やりがいを感じるライブでした.

 翌日は,現在弘前赴任中で,盟友のドラマーM氏の提案で,弘前ジャズストリートに参加しました.弘前のベーシストY氏のユニットと,秋田から参加のドラマーN氏のユニットに参加させていただきました.規模は小さいものの,ちょうど宇都宮のMiya Jazzと同じ様なイベントです.演奏会場は,いずれもJR弘前駅前から中心部に向かって伸びる遊歩道上に設置され,お客様も落ち着いて聴くことができます.

 夜は打ち上げを兼ねて,"Jazz Union" にうかがいました.(多分)弘前大学ジャズ研OBを中心としたユニットが演奏していました.昼にお世話になったベーシストのY氏もそうなのですが,弘前のジャズシーンには弘前大学ジャズ研の影響を少なからず感じました.近年,宇都宮では,U大学ジャズ研の存在を全く感じませんが.Hachinoheflat20180602_4





| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年11月 »