« 久しぶりに楽器の調整をしました | トップページ | CDマスタリング »

2014年11月30日 (日)

昔の話?...最近の話...?

 私は,アートペッパー ファン歴もうすぐ40年です.

彼のレコードは70枚くらい持っていて,CDも結構あります.

と言うわけで,当然,彼の演奏を熱心に聴いていたのもそれくらい前.

1976年発売(日本では1977年だったか?)の The Trip は今でも私のバイブルとなっています.

このアルバムに衝撃を受け,これがジャズだと思ったのが始まりかもしれません.

The Trip (1976)とその前後の Living Legend (1975) と No limit (1977)の3枚が彼の最高傑作でしょう.

このころは当然レコード時代で,その後しばらく,彼のアルバムを買いあさりました.

彼は82年に亡くなり,そのニュースは新聞にも掲載されました.彼のキャリアが始まる50年代初めの頃から亡くなるまでのアルバムを,手にはいる限り集めました.そのなかで,確か「幸運な日本の女の子が彼に演奏してもらった」という雑誌の記事を目にし,80年頃の日本の女性ヴォーカリストのアルバムを,レコード店を訪れる度に探しましたが,しかし,目的のレコードが見つかることはなく,いつの間にかレコードは姿を消し,199年をピークとしてCDの販売枚数も減少に転じ,街のレコード店も姿を消し,CDをネットで注文する時代になりました.

先日,とある本の記事に,アートペッパーは来日時に演歌歌手のバックでも吹いた,と書いてあるのが目に入り,「これが,あれか,,,」と30年前の記憶が蘇りました.

昨今は,何でもネットで検索です.

見つけました.

日本の女性ボーカルとはジャズでは無かったのです.石黒ケイさんです.もしかすると当時から石黒ケイと言うことを知っていたにも拘わらず,ジャズヴォーカルコーナーを探していたのかもしれません.

私は,早速,石黒ケイさんのアルバム「アドリブ」を入手しました.

いきなりアートペッパーのイントロから始まります.アートペッパーは2曲しかやっていませんが,なんと,トゥーツ・シールマンスが3曲,北村英二さん,前田則男さんも参加しています.

残念ながら私は石黒ケイさんを知らなかった様です.それとも知っていたのか?40年前の記憶は,断片的になりつつあり,いささかアテにならなくなっています.

いずれにしても,なかなか良いアルバムです.確かに,1曲目のアートのイントロを聴くと,これは演歌かと思わされますが,全体的には,歌謡曲,フォーク,ポップス,ニューミュージックのミクスチャーと言ったところです.Keiishiguroadriv

部屋は一気に80年に戻ります.このアルバムにも山崎ハコさんの曲が収録されています.この頃ジャズ以外に私が良く聴いていたのは,ユーミン,竹内マリア,,その他好きだった1曲は"松原みき"さんの真夜中のドアでした.

私は1958年1月生まれですが,石黒ケイさんは1958年3月,松原みきさんは1959年11月生まれ.

松原みきさんの"真夜中のドア"は1979年録音,石黒ケイさんの"アドリブは1980年録音です.

ウーム良いなあ.

ああ,今夜も聴いてしまった,,,

|

« 久しぶりに楽器の調整をしました | トップページ | CDマスタリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに楽器の調整をしました | トップページ | CDマスタリング »