« 宇都宮駅東ジャズ事情#2 (Prelude in E minor) | トップページ | Vocalist 鈴木美佐子 さん (Blue Christmas) »

2007年12月19日 (水)

Workshop昔話 #3

話は,やはり好評で,更に,高橋さんやコバケイさんにもお褒めの言葉を賜りましたので,続きを申し上げます.

第1話,第2話は,こちらです.

直井さんが経営する泉町Groovyの閉店に伴って練習場兼溜まり場を失ったワークショップのメンバーは,3つの選択肢を考えました.つまり,(a)大学(宇都宮大学)内にジャズ研の創設と部室の確保する,(b)現代音楽研究会に合流する,(c)ニューマトリーオーケストラ(ビッグバンド)に合流する,というものです.

そした,それらの選択肢の可能性を探りました.確か,(a)現代音楽研究会には快諾して頂き,何度か足を運び,部室で演奏を披露したりもした気がします.また(b)ニューマトリーオーケストラにも快諾して頂きましたが,当然,ビッグバンドの演奏もするのが条件です.しかし,これらは,我々がすでに上級生になっていて,その立場で既存の組織内に入る事への抵抗感が大きく,実現しませんでした.

(c)ジャズ研の創設については,学内に使用されていない建物を探して,大学当局に申し入れ等いたしましたが,“熱心だね”というお褒めの言葉をいただいただけで,実現は出来ませんでした.誰にも認知はされていませんでしたが,当時,自分たちは「ジャズ研」を名乗っていたと思いますが.

さて,その頃,宇都宮の簗瀬町に“仮面館”という小さいライブハウスがありました.国道123号線と上三川街道の交差点で,芳賀屋材木店の向かいの四角い建物です.”仮面館”がいつ頃オープンして,私たちがいつ頃から出入りする様になったのか記憶が定かではありませんが,結局,ワークショップの活動拠点は“仮面館”に落ち着きました.Foggy”仮面館”は2階建ての建物の2階にあり,その一階には讃岐うどんのお店がありました.

讃岐うどんの右側に,2階への階段の入り口があり,これを上ると正面が突き当たり左手に仮面館の入り口があります.店にはいると左手にバーカウンターがあり,正面のフロアーには電線の芯を流用したテーブルが3卓ほどあり,正面に窓の手前にレコードプレーヤー,店の右奥にはステージがありました.そうですねえ,20人で満席でしょうか.窓からは国道123号線が見下ろせ,夕暮れに忙しく走る車の流れを,漠然とした不安な気持ちを抱えたまま見下ろしていました.

おなかをすかせた若者達は,時々,讃岐うどんを食べに参りましたが,讃岐うどんは,当時の私の口にはなかなか上品な味で,ややお高かった気がします.

“仮面館”は野添さん(?,,んー違うなあ,誰か教えて下さい.)という方が経営されており,おそらく,フォーク,ロック,ジャズ,演劇,朗読等,ライブパフォーマンスであればどんなものでもやっていたと思います.時々,実家が近所にあった作家の立松和平さんも顔を見せていました.そして,また,やはり溜まり場を失った高内さんも顔を見せていました.

もちろん,ワークショップは,練習に使わせて頂くほか,時々ライブも主催させて頂きました.

Foggy20071213009
間もなく,ピアニストの関晴民さんは8年間の自治医大生活を,私と森内は6年間の宇都宮大学生活を終え,山崎は(多分)中退してボストンに,須藤もやはり中退してニューヨークに旅立ち,第1期ワークショップの活動が終わりを迎えます.

仮面館も間もなく店を閉じ,その後1階の讃岐うどんの店も健康食品の店になり,今は建物もありません.

続く

日,演奏からの帰りに,少し霧が出ていました.霧は,雪と同じように,辺りの雑多なものを隠します.街の騒音も消えてしまった様な錯覚を覚えます.昔話の頃は私も二十歳前後で,社会への甘え,将来への不安,未知なるものへの恐れ,明日への希望,,,等が心を満たしていたんだろうと思います.

あれから30年近く経って,感受性が鈍り,無神経になってはいるものの,あのころ,考えていた事は,今でも頭の中をぐるぐる巡り,惑い,心には,霧の様に不安が漂っています.

|

« 宇都宮駅東ジャズ事情#2 (Prelude in E minor) | トップページ | Vocalist 鈴木美佐子 さん (Blue Christmas) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

プレーヤー」カテゴリの記事

コメント

突然のコメントすみません。
仮面館のオーナーは確かに野添さんです。
私の親戚です。

投稿: はる | 2015年2月 8日 (日) 09時40分

はるさん,
ありがとうございます.
野添さんのお宅に一度おじゃましたことがあるような気がします.
石井か東峰か,その辺りだったような,,,
勘違いでしょうか?

投稿: カメサダ | 2015年2月 8日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇都宮駅東ジャズ事情#2 (Prelude in E minor) | トップページ | Vocalist 鈴木美佐子 さん (Blue Christmas) »